NEWS

微細グラフェン GF10

更新日:2020/08/03

100nmサイズの微細グラフェンを抗ウイルス等医療、バイオ向け原材料として商品化しました。
新型コロナウイルスCOVID-19に対抗するための多くの研究開発が世界中で進められていますが、
これらのウイルスを検出するためのセンサー機能、あるいは抗ウイルス機能がグラフェンおよび酸化グラフェン
にあることが知られています。
一方、積層数が厳密に数層程度であるグラフェンを、基板や触媒を使用せずに高純度で作ることは難しく、
入手できるグラフェン製品は、天然黒鉛を剥離させた低純度のものに限られました。
弊社では、無基板、無触媒で直接合成させたグラフェンフラワー®の商品化に成功していますが、この度
形状が100nm、厚さが1nmの微細グラフェンを分散液の形態で提供することを開始いたします。
当面は、研究開発用途に、IPA系分散液として提供いたします。


お問い合わせフォームへ

Top