グラフェンフラワー

グラフェンフラワー分散液 GRAPHENE FLOWER DISPERSION

製品の概要

グラフェンフラワーは弊社独自プロセスであるInALA法(高速CVD法)によりボトムアップ的に製造した直接合成グラフェンです。

グラフェンはグラファイトに比較して、そのファンデアワルス力が大きく、自己、相互に容易に凝集、接着してグラファイトに戻ろうとする性質があります。従って、グラフェンの状態を維持しつつ、乾燥状態で粉砕、分級処理などを行うことは避けるべきです。

図 合成直後のグラフェンフラワー(左)と接触により接着した様子(右)

弊社では、まずInAlA法により相互に接着させることなく自立的にグラフェンを合成し、次いで溶媒中でこのグラフェンを相互に接着させることなく解砕し、1枚毎のグラフェンを溶媒中に分散させます。このように溶媒中にグラフェン1枚1枚を分散、保管したものがグラフェンフラワー分散液です。

左図 分散液中のグラフェンをフィルター(マイクログリッド)上に捕捉したもの(赤で囲った部分)

右図 左図のグラフェンの端部の透過電子顕微鏡写真(TEM)。
グラフェンの格子像から積層数で7層、 厚さ2.1nmであることが判る。

グラフェンとしての優位性

グラフェンの形状の制御が可能!

グラフェンフラワーはボトムアップ的なプロセスによる直接合成グラフェンですので、反応条件を制御することにより、グラフェンの形状、厚さ等を制御することが可能です。桜の花にたとえれば、一分咲きから満開まで、反応時間や温度などのパラメーターを制御することにより成長度合いをコントロールすることが可能です。

図 グラフェンフラワーの形状と厚さの相関
*横軸がグラフェンのサイズ(長方形と仮定した場合の長辺の長さ)
*縦軸はグラフェンの積層数

製品の特徴

  1. InALA法により無基板、無触媒で合成した数層グラフェンを主成分とするカーボンの分散液
  2. グラフェンの形状、厚さを制御することが可能
  3. グラフェンの結晶性、化学的な純度が高い
  4. グラフェンは酸化黒鉛、酸化グラフェンではありません
  5. 用途に応じた溶媒を使用して高濃度の分散液を提供可能です

グラフェンフラワー分散液の仕様の一例

仕様の一例 測定方法
純度 % 99.9 ICP-MS
溶媒 水+界面活性剤 (アニオン系、ノニオン系)
2-Propanol (IPA) , 2- メトキシエタノール,
NMP (N-メチルピロリドン)、MEK(メチルエチルケトン)
PGMEA (1- Methoxy-2-propyl acetate),
DMF(N,N-ジメチルホルムアミド )
グラフェン分散量  mg/ml 0.1, 0.5, 1.0 重量法
(1.0より高濃度はオプション対応)
グラフェン面内サイズ μm 0.1~10(5段階), 10< FE-SEM, FE-TEM
グラフェンの厚さ nm 1~3(4段階), 5 < Raman, FE-TEM

グラフェンフラワー分散液の仕様・価格は  こちらのページ を参照ください。

製品の用途

  1. 透明導電膜、フィルム、導電膜、フィルム
  2. 高放熱シート、放熱部材
  3. リチウムイオン電池 燃料電池等の各種電池電極用の導電助材
  4. 空気酸化電池、燃料電池用Pt触媒代替
  5. 各種高機能材料の高強度、高導電、高熱伝導添加剤
1 / 11
Top